サンキ

072-813-7311

会社案内

代表挨拶GREETING

私は創業より数えると4代目、法人としてスタートを切ってからは3代目の社長です。

私たちは丁寧に心を込めてひとりひとりに接し「ありがとう」と感謝される企業でありたいと思っています。
人間はひとりでは生きていけません。他の人からの助けや協力が必要です。
株式会社サンキが持つ強みは次の2つです。

当社は障がい者雇用実績は40年になります。
現在では身体・精神・知的と様々な障がいをお持ちの15名の方々が門真市にある米菓工場で毎日お仕事をされています。
私たちが大切にしていることは生活のリズムです。毎日同じ時間に「起きて出社してお仕事をして帰る」この繰り返しが生活の基盤になり安定して過ごす事が出来ます。また、親御様の抱える問題や悩みにも出来る限りの支援を行います。障がい者雇用を始めてから現在までに3組のご家庭で親御様が先にお亡くなりになられて、一人取り残されてしまう障がいを持った子どもたちを見てきました。
福祉サービスとの関わりが無かったり、万が一に備えての準備をされていなかったり、と事情は様々ですが、そういった経験から平成29年12月より関連会社で障がい者向けのグループホームを設立しました。

保育事業は設立2年目を迎えました。園ではシュタイナー幼児教育を根底におき子どもひとりひとりのもつ特別な個性を大切にしながら支え、卒園しても自分らしく生きていけるようにしっかりとした土台作りをサポートします。
〇〇組といったクラスはなく縦割り保育で小さな子はお兄ちゃんやお姉ちゃんから遊びやルールを学び、お兄ちゃんとお姉ちゃんは保育士の真似をしたり、小さな子たちをサポートしたり一緒に遊んだりして学びます。
私たち職員も常に成長し続けるために当園では定期的に勉強会を行ったり不定期で外部から講師を招き職員や希望する保護者様への勉強会も実施しています。
私たちの目指す園は保護者様と職員がお互いに学びあい支えあうことでよりよい保育環境を作り上げていくことです。
保護者様の抱える悩みや問題に園として最大限のサポートも行います。


株式会社サンキ
代表取締役 樋口 成泰

代表 樋口

ダウン症を持つ人の人生をサポートしたいGREETING

私の母は17歳の時に事故で両足を無くした身体障がい者です。
その事もあり私は子供の頃から障がい者施設に出入りし様々な方達と交流して来ました。

そんな私が今から30年前18歳の時、留学先のアメリカで大きな衝撃を受けました。

ボランティア活動でダウン症の人の専門施設を訪れた時の事でした。
明るく活発な彼らを目の当たりにし、一筋の光が走った事を今でも鮮明に覚えています。

日本にこんな施設はない!
ダウン症の人が、こんな事もできるなんて!
アメリカのダウン症の人達は笑顔が多くて表情が豊か!
と言う3つの衝撃!

私は1960年代生まれです。
私の母子手帳には「産むな生ますな障がい児」と書かれていました。
1980年代でも、日本はまだまだ障がい者は隠れた存在でした。
2016年、障がい者の社会的立場と現実はどうでしょうか.....

月日は流れ、私は母の梱包会社を引き継ぎ、一般の人と障がい者が共に働く職場環境に力を入れてきました。
常時20名前後、総勢100名以上の障がい者雇用を進める中で試行錯誤を繰り返し、経験を積み重ねて来ました。

ある日、羽田空港にトイレ掃除の達人がいると知りダウン症の人達の得意分野ではないか?
と閃いた時からダウン症についての学びを深め、ダウン症の人達に用務員が出来る!との結論に至りました。

「ダウン症の人には他の人とは違う能力がある」

彼らを専門分野で教育すれば個性が開花すると強く感じました。
彼らはゆっくりと優しく成長します。
いつも笑顔で穏和、物腰が柔らかく、聞き上手、気配りが出来、丁寧に教えれば一つのことを飽きずにやり続ける忍耐力を持っている事に気が付きました。

長年温めてきた「ダウン症を持つ人の人生をサポートしたい」という熱い思いが、今、ここに形になろうとしています。


株式会社三喜
代表取締役社長 樋口 博美

代表 樋口

会社概要COMPANY

会社名 株式会社サンキ
代表取締役 樋口 成泰
所在地 〒575-0061 大阪府四條畷市清滝中町30-7
TEL 072-813-7311
FAX 072-813-7305
URL https://www.s-a-n-k-i.com/
会社名 株式会社三喜
代表取締役 樋口 博美
所在地 〒575-0061 大阪府四條畷市清滝中町30-13
TEL 072-813-7311

〒575-0061 大阪府四條畷市清滝中町30-7
TEL:072-813-7311/FAX:072-813-7305